04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-05-27 (Mon)
キャンカーの室内掃除用にAmazonで発注して、今日届きました!
ツインバードのサイクロン式ハンディクリーナーです♪

DSC02243_R.jpg

充電式のコードレスとも迷いましたが、使用頻度的に普段無駄に充電するのも勿体無いので、コード付きの物にしました。

消費電力650Wで吸込仕事率は180Wもあります!

中身はこんな感じ。

DSC02246_R.jpg

奥に見えるのは一昔前のダイソンのハンディです。
ダイソンはコードレスで6分ほどしか使用できません。
でも吸い込む力はさすがダイソン!
そんじょそこらのハンディクリーナーでは太刀打ちできませんw

安物のツインバードくんには正直そこまで期待はしていなかったのですが…。
さすが650W!
めっちゃ吸います!!
ダイソンくんはお手上げですwww

おそらくハンディによくある500円玉を吸い込むなんてレベルではないですw
サイクロンでガラガラいいそうなのでやりませんが(^^;;

アタッチメントも沢山ついていたのでキャンカーだけでなく家でも重宝しそうです☆
コードも6mもあるので、かなりの範囲を掃除できそうです(^o^)

ただ、弱点もあります。

めっちゃうるさいです!
一昔前のハンディじゃないでかい掃除機の音ですw
夜は控えた方が良さそうです(^^;;

さてさて、昨日に引き続きハイエースからの給電を行いました。
246Ahまで回復しましたよ♪

DSC02253_R.jpg

昨日、塩尻から戻った時点で198Ahでしたから、約50Ah充電できました!
ナイスハイエース!!
ソーラー要らずですw

コルドバンクスは明日LTさんに日帰り入庫します(^o^)
今日の夕方、LTさんに寄ってSさんと悪巧みをしてきましたψ(`∇´)ψ

また追ってご報告します♪




↓ ランキングに参加してみました♪ポチっとしてもらえると、俄然やる気がでますw ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
| おすすめグッズ | COM(4) | | TB(0) | |
2013-05-22 (Wed)
みなさんはバンクベッドでの就寝時にスマホやiPadはどうしていますか?

私は寝る寸前までスマホやiPadをいじっていますので、充電が気になります。。
バンクまで配線してもよかったのですが、旅行用にも使えるのでモバイルバッテリーを購入しました♪

最初に購入したのはこちら。

DSC02152_R.jpg

cheero Grip 5200mAhです。

  

嫁さんと二人分購入。

たいていのスマホなら2回分くらいは充電可能です☆
小さくて大容量なのでおすすめですよ!
おまけに安い(^0^)

DSC02155_R.jpg

残量表示もできます♪

これで満足していたのですが、私の場合はスマホがGALAXY NoteⅡでバッテリー容量が大きいのです。
他にもUSB充電のミラーレス一眼やiPadも持ち歩いていたりするのでもっと大容量の物が欲しくなり買い増ししました♪

これがそのcheero Power Plus 2 大容量10400mAhです!!

DSC02158_R.jpg




今さらって思われる方もいるかと思いますがw
Amazonのレビューも上々で、しばらく品切れも続いていた商品ですので期待大☆

容量もGripの倍ありますので安心です(^^)v

これでバンクベッドだけでなく旅行先のカバンの中でも充電できます♪

しかもこのモバイルバッテリーはLEDライトまで付いています☆

DSC02170_R.jpg

DSC02173_R.jpg

いざという時は便利な機能ですね~(^0^)

ちなみにGripもPower Plusも1.0Aと2.1Aの充電が可能です!

DSC02160_R.jpg

DSC02169_R.jpg

iPadなんかは2.1Aでないと充電が遅すぎるんですよね(^^;

2.1AでiPad、1Aでスマホの充電なんて使い方も可能ですよ~。


↓ ランキングに参加してみました♪ポチっとしてもらえると、俄然やる気がでますw ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村








| おすすめグッズ | COM(4) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。